進むべき分野が定まらない悩み

看護師の悩みの中には「進みたい分野が分からない」といったものも多いですよね。看護師の仕事は診療科や病院・施設によって大きく異なって来ます。その為どの分野に進めば良いのか分からないといった悩みや、新たに挑戦した分野がしっくり来なかった…という悩みを持っている方も多いでしょう。

「どの分野も看護師として学ぶべき事がある」と思える看護師は良いですが、どうせ働くなら進むべき道を自分で決めたいと考える看護師も多いでしょう。しかし看護師の働く分野は様々で、なかなか目標が見つからずに遣り甲斐までをも見失ってしまう看護師が大勢居るのです。

こういった悩みや迷いを解決するのに他者からのアドバイスはあまり役に立たないものですが、しいて言えば様々な診療科を抱える大病院への転職がお薦めかもしれません。大病院であれば配属願いを出して診療科を変わる事が可能です。別な分野で働いてみたいと思う度に転職をするのでは経歴にも傷が付いてしまいますから、その辺を考えて転職するのが賢い選択と言えそうです。

退職時の悩みやトラブル

「辞めたくても辞められない」という悩みも看護師に非常に多いです。特に病院では全国的に看護師不足が深刻化している為、病院関係で働く看護師は退職の悩みを抱える方が多いですね。

例えば「辞めたい時期に辞められない」といった悩みがあります。退職願を出しても看護師不足を理由に数ヶ月後の退職になってしまう事はよくあります。また病院によっては一定の時期にしか退職願を受け取らない所もあります。更にそもそも退職願を聞き入れて貰えないケースや、看護師免許を預かっている職場では返してくれないといったトラブルも聞きます。

辞めたくても辞められない状況は労働基準法に違反している訳ですが、「出来るだけ穏便に退職をしたい」と考える看護師の心情を上手に利用する職場は多いです。また看護師不足の現状が分かっている為に看護師も泣き寝入りされる方が多いです。

全国的な看護師不足の為に看護師の転職市場は売り手市場となっていますが、その反面このような退職時の悩みやトラブルが多発しているんですね。

意外と多い看護師の手荒れの悩み

看護師は手荒れに悩む方が多い…と聞くと驚く方は多いでしょうか?手荒れに悩む職業と言えば美容師が知られていますが、看護師も実は手荒れに悩む方が大勢いらっしゃるのです。

手荒れに悩む看護師が多い理由は仕事柄手を洗う回数が多く、また清拭や入浴介助で水に触れる機会も多い為です。手荒れを軽視する方は多いですが、あかぎれにより酒精綿を触るのにも苦痛を感じる程に業務に深刻な影響が出ている看護師は沢山いらっしゃいます。手荒れで看護師が続けられなくなり退職をした…そんな方も中にはいらっしゃるのです。

看護師の手荒れは痛みが業務に影響するだけでなく、感染対策の面でも問題が出て来ます。院内感染や血液感染が起こりうる病院では働く事による感染リスクも考えねばなりません。肌状態によっては部署異動も必要になるでしょう。

手荒れに悩む看護師はディスポ手袋を用いて手洗い回数を減らすといった対策を行なっている方が多いです。しかしそれでも手洗いを無くす事は出来ませんから完全に治す事は難しいようですね。

看護師は休みを取り辛い職業

深刻な人員不足に悩む看護師の職場が多い為、「必要な時に休めない」という悩みをよく耳にします。特に病院は大勢の命を預かる場ですから休みを取り辛い職場が少なくありません。

しかし自分自身の体調不良は勿論の事、家族に何らかの事情が生じた時に休めないようでは困る方が多いでしょう。中には法事の為にと数ヶ月も前に休みの希望を出していたにも関わらず、結局休みを貰えなかったケースもありました。更には勤続年数が短いと休みが取り辛い等、病院の古い体質による悩みも珍しくはありません。

ですが最近は看護師の定着率・復職率を上げる為に有給消化率をアップさせている職場も多々あります。また勤続年数に関係なく休みが取れるように配慮をする病院も増えて来ました。休みの取り辛さで悩みを抱えている看護師は、こういった職場への転職もお薦めと思います。

ただ休日に関する情報は自分では調べにくいものですから、転職サイトを利用して内部情報を入手する必要がありますね。

介護分野は単発派遣が豊富

派遣の単発求人を探す看護師は「今すぐ働ける仕事を探している」という方が多いのではないでしょうか。またライフスタイルが不規則等の理由から「希望の日・時間帯で都合よく働きたい」という方も多いでしょう。このような看護師に特にお薦めなのが介護の分野での単発派遣です。

日本は高齢化社会が進んでおり、これから先は更に超高齢化社会がやって来る事になります。そんな中で増え続けているのが介護分野の求人です。介護の世界では看護師がなくてはならない存在ですが、病院でも看護師が不足している状況ですから介護の分野まで人材が回りません。その為看護師不足を補う為の単発派遣求人が多数出されているのです。

介護の分野は当日でも申し込める求人が見付かる程に深刻な人材不足に陥っています。それだけ困っている施設やサービスが多い訳ですが看護師にとっては好都合でしょう。常に希望の日・時間帯で都合よく仕事を探せるのが今の介護の分野なのです。仕事が探せない心配がまず無いですからお薦めではないでしょうか。

介護の分野で活躍するなら⇒日本介護支援協会
看護師の単発派遣については⇒看護師の派遣 | 単発求人ガイド

プリセプターシップ制度に関する悩み

新人の頃はプリセプティとして教わる立場ですが、看護師として二年目・三年目を迎えると今度はプリセプターとして教える立場にならなくてはなりません。このプリセプターシップ制度に関する悩みも看護師の間では非常に多いですね。

プリセプターシップ制度は新人を教育する目的だけでなく、ある程度の仕事を覚えた看護師に自立心と責任感を身に付けさせる為の制度でもあります。教育される側から教育する側に回ったからと言って看護師として十分な評価を得た訳ではなく、新人と共に成長をする事が求められるのです。

しかし二年目・三年目の看護師はまだまだ未熟ですから、プリセプターの立場を重荷に感じる方は多いです。自分自身も分からない事が多々ある中で新人教育をしなくてはならないのですから当然とも言えるでしょう。中にはストレスでイレウスや胃潰瘍、うつ病を発症してしまう看護師も居るくらいです。

何事にも完璧を求めてしまう方はプリセプターになると悩みを抱えやすくなります。あまり自分だけで背負いすぎない事が大切ですね。

係や委員活動による負担

元々の仕事がハードな上に、係や委員会も勤めなくてはならない事が大きな負担となっている看護師は多いです。看護師の仕事は通常業務だけでも残業になりやすく、また定期的に夜勤も勤めなくてはなりません。その中での係や委員会の活動はなかなか大変なものになっています。

係や委員会を勤めるようになると会議への出席も必要になります。いつも都合の良い日に開かれるとは限らず、時には夜勤明けで参加をしなくてはならなかったり、休日に出勤が必要になる事もあります。勿論係や委員会を勤める事による責任も圧し掛かる為、精神的にも肉体的にも悩みを抱える方が多いのです。

しかし看護師が常勤で勤める以上は係や委員活動は義務となります。どうしても勤められないのであれば派遣社員やパートとして働く以外に方法は無いでしょう。但し病院によってはパートでも係や委員会を勤める必要があるようです。それぞれの病院で考え方が異なる為、入職前に事前に確認をしておくと安心でしょうね。

意外と多い給料に関する悩み

「給料が安い」というのも看護師からよく聞かされる悩みの一つです。国家資格を有する看護師は、20代で平均年収370万円~440万円、30代で450万円~480万円、40代で490万円~510万円と、一般会社員の1.5倍~2倍の収入を得る事が出来ます。しかしながら給料に不満を抱える看護師は少なくありません。

看護師の平均年収は確かに高いですが、一般会社員よりもずっとキツイ仕事である事を考えれば特別に高いとは言えない現実があります。看護師の基本給は実は一般会社員とあまり大差無く、超過勤務や残業手当で多くなっているに過ぎません。肉体的にも精神的にも過酷と表現される看護師の仕事振りを考えれば、給料が少ないと感じる看護師が多いのも納得なのです。

また平均年収よりも明らかに少ない給料で働く看護師も実は多いです。看護師の給料は働く職場によって大きく左右される為、年収の格差が結構激しいのです。看護師が転職によって年収アップを図り易いのは年収の格差が大きいせいもありますね。

勤務体制も代表的な悩みの一つ

勤務体制に関する悩みも看護師に付きまとう代表的な悩み事の一つです。

看護師の勤務体制には2交替制と3交替制がありますが、2交替制は1回の勤務時間が長いものの、休日はしっかり休めるメリットがあります。対して3交替制は1回の勤務時間が短く楽であるものの、完全に休みとなる日が少ないデメリットがあります。どちらが良いかは人それぞれで異なりますが、2交替制の方が好まれる傾向にあります。

また2交替・3交替の勤務体制だけでなく、夜勤が多い、残業が多い、休日出勤が多い・・・といった勤務状況で悩まれる看護師も多いです。在勤は積極的に職場環境を改善する病院が増えて来たものの、人員不足から劣悪な勤務を強いられる職場もまだまだあるのです。

こういった勤務体制は仕事を選ぶ上で重要なポイントとなって来ます。給料や待遇がいくら良くても勤務体制が合わなければ勤め続けるのは難しいでしょう。長く働ける職場を探す為には給料や待遇だけでなく、勤務体制もしっかり調べて入職をする必要があるのです。

看護師のスキルに関する悩み

看護師の悩みではスキルに関するものも多いです。スキルアップを目標に転職をしたものの十分な教育体制が整っていなかい為にスキルアップがままならず、これまでの経験を活かす事も出来ずに退職せざるを得なかった、という話は珍しくありません。勿論、スキルアップが可能な職場と思って入職をしたら期待外れだったというケースもあります。他にも異動によって始めての部署へ配属され、折角身に付けたスキルを役立てられなる場合もあります。

看護師の仕事は職場によって必要となる能力が異なる為、このようなスキルの悩みは非常に多いです。将来に向けて順調にスキルアップをしていても、異動や転職によって台無しにされてしまう事があり、悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。

どの仕事も看護師として重要なものですが、興味を持てない分野であれば仕事も辛いものになるでしょう。また将来に明確な目標がある場合、例え一年でも無駄には出来ません。スキルアップが出来ない、スキルを活かせられないと感じた時は、思い切って転職をするのもお勧めなのです。