進むべき分野が定まらない悩み

看護師の悩みの中には「進みたい分野が分からない」といったものも多いですよね。看護師の仕事は診療科や病院・施設によって大きく異なって来ます。その為どの分野に進めば良いのか分からないといった悩みや、新たに挑戦した分野がしっくり来なかった…という悩みを持っている方も多いでしょう。

「どの分野も看護師として学ぶべき事がある」と思える看護師は良いですが、どうせ働くなら進むべき道を自分で決めたいと考える看護師も多いでしょう。しかし看護師の働く分野は様々で、なかなか目標が見つからずに遣り甲斐までをも見失ってしまう看護師が大勢居るのです。

こういった悩みや迷いを解決するのに他者からのアドバイスはあまり役に立たないものですが、しいて言えば様々な診療科を抱える大病院への転職がお薦めかもしれません。大病院であれば配属願いを出して診療科を変わる事が可能です。別な分野で働いてみたいと思う度に転職をするのでは経歴にも傷が付いてしまいますから、その辺を考えて転職するのが賢い選択と言えそうです。

退職時の悩みやトラブル

「辞めたくても辞められない」という悩みも看護師に非常に多いです。特に病院では全国的に看護師不足が深刻化している為、病院関係で働く看護師は退職の悩みを抱える方が多いですね。

例えば「辞めたい時期に辞められない」といった悩みがあります。退職願を出しても看護師不足を理由に数ヶ月後の退職になってしまう事はよくあります。また病院によっては一定の時期にしか退職願を受け取らない所もあります。更にそもそも退職願を聞き入れて貰えないケースや、看護師免許を預かっている職場では返してくれないといったトラブルも聞きます。

辞めたくても辞められない状況は労働基準法に違反している訳ですが、「出来るだけ穏便に退職をしたい」と考える看護師の心情を上手に利用する職場は多いです。また看護師不足の現状が分かっている為に看護師も泣き寝入りされる方が多いです。

全国的な看護師不足の為に看護師の転職市場は売り手市場となっていますが、その反面このような退職時の悩みやトラブルが多発しているんですね。

意外と多い看護師の手荒れの悩み

看護師は手荒れに悩む方が多い…と聞くと驚く方は多いでしょうか?手荒れに悩む職業と言えば美容師が知られていますが、看護師も実は手荒れに悩む方が大勢いらっしゃるのです。

手荒れに悩む看護師が多い理由は仕事柄手を洗う回数が多く、また清拭や入浴介助で水に触れる機会も多い為です。手荒れを軽視する方は多いですが、あかぎれにより酒精綿を触るのにも苦痛を感じる程に業務に深刻な影響が出ている看護師は沢山いらっしゃいます。手荒れで看護師が続けられなくなり退職をした…そんな方も中にはいらっしゃるのです。

看護師の手荒れは痛みが業務に影響するだけでなく、感染対策の面でも問題が出て来ます。院内感染や血液感染が起こりうる病院では働く事による感染リスクも考えねばなりません。肌状態によっては部署異動も必要になるでしょう。

手荒れに悩む看護師はディスポ手袋を用いて手洗い回数を減らすといった対策を行なっている方が多いです。しかしそれでも手洗いを無くす事は出来ませんから完全に治す事は難しいようですね。